• line
  • 今月の特集
  • line
  • 診療科目
  • line
  • 料金案内
  • line
  • ドクター紹介
  • line
  • クリニック紹介・アクセス
  • line

トップページ >> 診療科目 >> 肌:ルビーレーザー あざ・しみ

あざ・しみ・肝斑・ほくろ

ルビーレーザー あざ・しみ

ルビーレーザー光の波長(694nm)はメラニンに高いレベルで吸収される特徴があり、あざやしみの原因となる細胞を壊します。

切れのいいビームを照射することができるので、患部だけにレーザー光線をあて、周囲の炎症を最小限におさえることができます。

ルビーレーザーによる、あざ・しみ治療
正常な皮膚組織をほとんど痛めません

治療の際に出血したり傷跡が残ったりする心配がありません。
レーザー光線はX線と異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光なので安全です。
レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度の痛みです。塗り薬による麻酔もありますのでご安心ください。

外来通院で治療できます

個人差がありますが、浅いシミや小さなホクロなどは1回の治療で済みます。深いシミやあざなどは、2〜3ヶ月以上の間隔で平均3〜5回の治療を行います。
1回の照射は一瞬なので、小さなホクロなどは1〜2分程度、大きなあざは15〜20分程度で終了します。

レーザー治療の保険適応について

太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑などは健康保険の適用がありますが、美容目的での治療は保険適用外となっております。

赤ちゃんから治療可能です

成長とともに患部が大きくなる前に、新陳代謝の盛んな赤ちゃんのうちに、治療を始めるとより効果が上がるとされています。生後5〜6ヶ月以上であれば治療は可能です。
妊娠中はホルモンの影響でシミが濃くなりやすいので、出産後に治療を受けることをお勧めします。

common4 end
このような方におすすめします
  • あざを消したい
  • しみを消したい

common end
ルビーレーザー 施術情報

【施術時間】

  • 約5〜10分
このページの上へ

関連コンテンツ

このページの上へ

Copyright (C) 2012 Kobe Luminous Clinic. All Rights Reserved