• line
  • 今月の特集
  • line
  • 診療科目
  • line
  • 料金案内
  • line
  • ドクター紹介
  • line
  • クリニック紹介・アクセス
  • line

トップページ >> 診療科目 >> 肌:たるみ

たるみ

30代から40代にかけて、お腹やバスト・ヒップなど体全体の老化現象としてたるみが現れますが、中でも最も目立ってしまうのがお顔のたるみです。目元や口元、頬、あごや首といった部位がいつの間にかたるみ始め、ほうれい線や二重あごなどは見た目年齢にも大きな影響を与えてしまいます。

たるみの症状は放置するとシワの悪化にもつながってしまうので、兆候に気付いたら早め早めの対策が必要です。正しいケアと治療を継続すれば改善することができる症状ですので、皮膚が垂れ下がってしわしわの「ブルドック顔」になる前に、たるみを正しく理解して必要な対策をしていきましょう。

たるみの原因

たるみの症状はひとつの原因に特定されるものではなく、多くの場合、複数の原因が重なっていると考えられます。ここではたるみの原因をご説明します。

弾力性の低下

赤ちゃんのプルプル肌と年齢を重ねたおばあちゃんのしわしわ肌との大きな違いは弾力性です。年齢を重ねるとお肌の真皮層に存在していたコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など成分が失われてしまいます。皮膚構成の中でこれらの成分はハリや弾力を保つ働きをしているため、紫外線や乾燥、加齢、栄養バランスの乱れなどの理由で細胞内の生成サイクルが崩れてしまうとお肌のたるみにつながってしまうのです。

皮下組織のたるみ

皮膚の表皮と真皮はさらに下にある皮下組織によって支えられています。皮下組織の大部分は脂肪層と呼ばれ、皮膚の弾力性を保つクッションのような役割をしています。20歳を境に加齢が進むと皮下組織の脂肪量が減って弾力性を保てなくなり、さらに脂肪層の重さに耐え切れずに表皮と真皮がたるみ始めてしまいます。

筋肉の衰え

トレーニングジムのCMや広告チラシでたるんだお腹が見事に引き締まった姿を見たことはございませんか?体のたるみは年齢に関係なく筋肉を鍛えることで改善できますが、逆に言うと筋力が衰えるとたるみは進んでしまいます。

顔のたるみについても同じことが言えます。顔には30種類以上の筋肉(表情筋・深層筋)がついており、それらの筋肉を動かすことで、笑う・泣く・怒る・悲しむといった表情が作られます。顔の筋肉は表皮・真皮・皮下組織のさらに下にあり、筋肉と皮下組織の間にはSMAS筋膜という膜があります。筋肉とSMAS筋膜は皮膚を支える働きをしているため、この層が衰えると皮膚を支えることができずにたるみとなって現れるのです。

また、顔の筋肉は特殊な構造をしています。体についている筋肉は直接骨についているため、たとえ筋肉が衰えたとしても急にたるむことはありません。一方、顔の筋肉は皮膚に直接ついており、筋肉がほんのわずか動いただけで皮膚も動くので脚や腕にはない細かな動きで表情が作られているのです。

細かな表情を作るメリットがある反面、骨という支えがないため、顔の筋肉は衰え始めると皮下組織や皮膚を支えきれずにたるんでしまいます。日常生活の中で使う顔の筋肉は全体の30%足らずとも考えられいるので、たるみを予防するためには使っていない筋肉を呼び起こすと同時に、筋肉の衰えを遅らせるトレーニングが必要です。

姿勢の悪さ

姿勢の悪さは顔のたるみにつながり、キーポイントは首の位置にあると考えられます。顔と首はつながっているので、例えば猫背のような顔を前につきだした状態は首に負担がかかります。すると頬が下に下がるので、口元のたるみ、特にほうれい線の悪化となって現れてしまうのです。

長時間机に向かってPCを見たり、下を向いたままスマートフォンを見たりしているときも同じです。PCや携帯電話、スマートフォンなどの普及に伴って、20代でもたるみ始めたという症例がたくさん報告されています。正しい姿勢は体の負担を減らし、たるみ予防にも効果があります。ご自分の姿勢がどうなっているか、家族や周りの方々にも協力してもらい、意識して改善するようにしましょう。

神戸ルミナスクリニックのたるみ治療法

治療部位

目元(まぶた、目袋)・目尻 

ほほ(ブルドッグ顔、フェイスライン)

口元(ほうれい線、マリオネットライン)

あご(二重アゴ、フェイスライン)

治療方法

たるみ治療Q&A

 

顔のたるみが気になるので専用のローラーでコロコロとマッサージをしてケアしていますが、一向に改善されません。美容皮膚科に行ったほうが早く改善するのでは?と思い始めていますが、期待が高い分結果が出なかったらと思うと悩んでしまいます。

美顔ローラーは家電量販店だけでなくドラッグストアや100円ショップなど身近な場所で手に入りますので、試している方も多いかと思います。注意していただきたいのは使い方です。ローラーを使えば使うほどたるみが改善されると思って、ゴリゴリと長時間にわたって使用していませんか?強すぎる長時間の刺激はお肌の細胞にダメージを与えてしまいますので、たるみを改善するどころか逆にたるみの原因となりうる可能性があります。マッサージも同じです。リンパの流れや皮膚について正しい知識を持たないまま、強さや方向を考えずにマッサージしてしまうとたるみの原因となる老廃物を溜めてしまうことが考えられます。

たるみの主な原因は弾力性の低下にありますので、皮膚の外側から刺激を与えるよりも内側の細胞の弾力性・ハリを取り戻すことが改善への近道です。神戸ルミナスクリニックのたるみ治療は医療としての皮膚治療と美しさを追求する美容治療とを兼ね備えており、治療実績も多数ございます。治療法の説明を通じて正しい知識もお伝えしますので、今治療を受けることはこれからの自分のお肌を自分で守ることにつながります。

たるみ治療は小顔・美肌・しわ対策でもありますので、ぜひ一度プロの手による美容医療をご体験していただきたいと思います。カウンセリングのみも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

このページの上へ
このページの上へ

Copyright (C) 2012 Kobe Luminous Clinic. All Rights Reserved