• line
  • 今月の特集
  • line
  • 診療科目
  • line
  • 料金案内
  • line
  • ドクター紹介
  • line
  • クリニック紹介・アクセス
  • line

トップページ >> 診療科目 >> 肌:スタックトーニングレーザー 肝斑

あざ・しみ・肝斑・ほくろ

スタックトーニングレーザー 肝斑

肝斑とは

肝斑はしみの一種ですが、紫外線が原因のしみとは違い、女性ホルモンのバランスやストレスと関係があるとされています。特徴としては、額・ほほ・口の周辺などに左右対称で現れることや、30〜40代に発症する例が多いことなどが挙げられますが、他のしみと区別がつかない場合があります。間違った治療法を続けていると症状が悪化することもありますので、専門医での受診が必要です。

スタックトーニングレーザー

肝斑治療に大きな転機をもたらしたのが、このスタックトーニングレーザーです。それまでは内服薬での治療が主流であり、肝斑の治療にレーザーは向いていないとされてきました。しかし、低出力のレーザーと、照射が均一になる「トップハット型」という特殊な技術を備えた機械によって、短期間での治療が可能となったのです。

肝斑と診断された場合、皮膚は常に炎症が起き、結果としてメラニンが次々と作り出され、色素沈着が起きている状態だと考えられています。レーザーを照射するとそのエネルギーが色素に反応し、しみ取りやあざの除去を行いますが、強すぎる場合、皮膚は炎症を起こしてしまい、それが肝斑の症状を悪化させる原因でした。

スタックトーニングレーザーは、皮膚に炎症を起こすことのない低出力のパワーで、フラットに均一化されたトップハット型のレーザーを照射し、メラニンを少しずつ壊していくことができます。パワーが弱いため、痛みもほとんどなく、麻酔の必要がありません。照射後はアイスパックで皮膚を冷やし、施術後のメイクも可能です。体の内側から治療する内服薬は効果を実感するまでに時間がかかりますが、レーザー照射が可能になったことで、より効果的に、短期間での治療効果が見込まれます。

また、肝斑だけでなく、しみやそばかす、毛穴の黒ずみなど他の症状への効果も期待できるのがスタックトーニングレーザーの特徴です。日本人女性の4割に肝斑の症状が現れるとも言われます。これから治療を考えている方はもちろん、今まで治療をあきらめていた方にもご提案したい治療法です。

common4 end
このような方におすすめします
  • 肝斑を消したい

common end
スタックトーニングレーザー 施術情報

【施術時間】

  • 施術時間 1回 10〜15分
  • 2週間ごとに4〜10回程度
  • 麻酔の必要はありません

※症状に応じて、治療に必要な回数には個人差がございます

【組み合わせ治療】

  • 内服薬・・・肝斑治療に効果があるトラネキサム酸と美肌効果のあるビタミンを処方いたします。
  • ホームケア・・・ハイドロキノンや高濃度ビタミンC化粧水、その他医療現場で使われているアンチエイジング化粧水などをご提案いたします。
  • イオン導入・・・医療用イオン導入機を使用し、皮膚に負担をかけずに美白効果を高めます。肝斑やしみを薄くすると同時に、お肌全体を整え、美肌へと導きます。

※症状に応じて、治療に必要な回数には個人差がございます

このページの上へ

関連コンテンツ

このページの上へ

Copyright (C) 2012 Kobe Luminous Clinic. All Rights Reserved